前回の春SPで初の当選者が出た“ロトラップでドン!”。ラップタイムの下5桁が抽選番号とあって、スマホを片手に熱い眼差しでラップタイムをチェックする姿が見られました。4時間エンデューロが終了した時点での経過発表では該当者なし!さぁ、残された時間で当選者は出るのか!?すべてのレースが終わり、迎えた最終結果発表…なんと当選者が2チーム!しかし当選チームが現れず…キャリーオーバー!もったいない!!賞金は次回の春SPに持ち越しとなり、計20万円にアップ。みなさん、ラップタイムはしっかりチェックしておきましょう!



8時間の熱いレースを終え、表彰の興奮冷めやらぬ中スタートした抽選会。日が暮れて寒い風が吹いているにもかかわらず、例年以上の参加者が集まり抽選会場は大賑わい。協賛各社から提供された豪華賞品をMCのシャーリー半田さん&新田さんが司会となり、次々と紹介していきます。シューズカバー・サドルバック・サングラス等々をてんこ盛りに詰め込んだレーサーグッズやペア宿泊券、折りたたみ自転車・マウンテンバイク・クロスバイクと豪華賞品が勢ぞろい。さらに今回はペア海外旅行券まで登場!当選者は「家族で行きたいので、あと二人分足りません!」と、なんともユニークなコメント。そして迎えた最終賞品はなんと32万円相当のロードバイク!幸運な当選者、実は一度家に帰っていたそうです。「シャワーを浴びて、抽選会のために戻ってきました」この余裕が当選の秘訣なのでしょうか!?さぁ、来年はあなたが当選するかも…?ご参加お待ちしております!



大会協賛各社のPRブースが並び、最新モデルの展示はもちろん、お値打ちアイテムも購入できるサイクリストのための縁日、サイクルバザール。今年はサイクルモードと日程が重なったため、例年より出店ブースは少なめでしたが、それでも多くの人がブース巡りを楽しんでいました。
中でも人気を集めていたのが、マヴィック・ヴィラージュ。1日数回、「ホイールの選び方」「ホイールのメンテナンス方法」といった毎回異なるテーマでセミナーを実施し、大勢の人が受講していました。また2014年モデルから取り扱い始めるヘルメットの試着や、脚のサイズを測定してシューズを試着できるコーナーも人気を集めました。
隣接するワコーケミカルのブースでは、チェーン注油のテクニックを紹介するパネル展示に加え、チェーンの無料注油サービスを実施。レース前には長蛇の列ができていました。
さらにウイダーのブースでは、このほど新発売になったエナジージェルが発売前に試飲できるサービスも行われました。
試乗も人気企画のひとつ。完成車はもちろん、ホイールやローラー台の試乗を行うブースもありました。気になるホイールがあって試してみたという男性サイクリストは「雑誌で見かけたホイールを試してみたかったので、いい機会だった」と満足そうに話してくれました。
もちろん、大会限定価格のお値打ち品を販売するコーナーも人気。今年は風が強く気温もそれほど上がらなかったことから、ウインドブレーカーなどの小物に人気が集まっているようでした。





毎年大好評の“坂本ボディコンディショニングファクトリー”によるスポーツマッサージ。20〜30分のマッサージが無料で受けられるので、受付開始から予約者で大賑わい。30分、60分…どんどん伸びる待ち時間にも関わらず、次々と予約希望者が押し寄せます。「えっ!無料?」「本当にいいの!?」と、大会に初めて参加された人たちの声が飛び交っていました。今大会ではピットハウス内に場所を移動、落ち着いた雰囲気の中でマッサージが受けられ、いつも以上にリフレッシュできた参加者も多いようです。代表の坂本院長は「“マッサージのおかげでベストタイムが出ました!”とわざわざお礼に来てくれる方もいましたよ」まだ受けたことがないという方は、次の機会に是非お試しあれ!