ロトラップでドン! 抽選会 サイクルバザール
スポーツグラスフィッティング スポーツ整体 MC&inゼリーガール
ロードレース講習会 メカニック ラップ一覧サイト


スズカ8時間エンデューロの名MCといえば“シャーリー半田”さん、そして昨年の春spでハイテンションなMCぶりを披露してくれた“MCダイキ”さんが再登場し、初のスズカMCコンビが誕生しました。シャーリーさんは「今日は朝から寒かった上にMCブースは日陰になってしまうので、ガタガタ震えながらのスタートでしたよ」MCダイキさんも同じく、寒さが強敵だったそうです。「昨年参加したときも雨で寒かったのですが、今年もなかなかの冷え込み。でも、このイベントは本当に楽しいですね!みなさんの熱いレースを見ていたら、寒さなんて吹き飛んで熱くなれましたよ!」と大興奮。今回初コンビとなった感想をシャーリーさんに聞いてみると「MCダイキさんはとにかく一言一言が面白い!すごくやりやすいですね」と話してくれました。
そして会場を華やかに彩るのは“inゼリーガール”小島美優さんと橋本奈実さん。寒さにも負けず華麗なコスチュームで参加者たちにエールをおくり、さらには表彰式やジャンケン大会でも大活躍のお二人でした。小島さんは本大会に初参加ということで「会場がとても広くてびっくり!レースでは思った以上にスピード感があって驚きました。何時間も頑張って走っている姿を見ていて“カッコイイ!”って思いましたよ」とキラキラ笑顔で答えてくれました。



主にレース経験の浅いライダーを対象に試走時間を利用して開かれるロードレース講習会。コースの走り方や集団走行での注意点などを、本大会のホストチームのマトリックス・パワータグの選手たちがレクチャーします。今回は真鍋和幸選手と向川尚樹選手が講師を務めました。
今回の参加者はおよそ50人。このうちおよそ半数はレースに初めて参加するというビギナー。そのため、講習会ではコースの危険箇所の解説、さらにホイールのクイックレバーの向きがフォークやフレームに添う向きに付いているか、ブレーキが正しく効くかどうかといった簡易的な自転車のチェック方法、「コースでは左側を走り、急な進路変更をしない」「集団走行する場合は直前の走者ではなく、なるべく集団の前方を見る」といったサーキットでの集団走行の作法など、基本的な内容をレクチャーしました。また、転倒が起こる理由の一つは、人間の防御反応である「すくみ行動」だ——と真鍋選手。「恐怖で体がすくみそうになったら、『あっ』とか何でもいいから声を出してみると緊張がほぐれて転倒しにくくなります」と転倒防止の秘策を伝授しました。
講習会に引き続き、いくつかのグループに分かれてコースを実際に試走。講習会の内容を復習していました。



メカニックサービスは、レース会場での急なトラブルに対応してくれる心強い存在。今大会ではマトリックス・パワータグの選手たちのバイクの整備を担当するサイクルショップKintarouの代表・内之倉順二さんがメカニックを担当しました。
「変速関係のトラブルが多かったですが、パンク修理やスタンドを外してほしいという依頼も意外に多かったですね。中には『変速の調子が悪い』と持ち込まれた方の自転車を見たら、9スピードの変速機と10スピードのスプロケットを組み合わせていたというケースもありました」と内之倉さん。これらはいずれも事前にショップで点検すれば当日に慌てなくてすむケースがほとんどだといいます。
「自転車のメンテナンスを定期的に行えば、いつも気持ちよく走れます。自分でメンテナンスするのが苦手な方は、少なくともレース前にはショップで点検されることをおすすめします」



携帯やスマートフォン、タブレットにノートPCと様々な端末から、全選手のタイムを確認できるラップ一覧サイト“LAP CLIP”。昨年春から機能もパワーアップし本大会では定番となったこのサービス、会場ではチームメイトのタイムをチェックしながら作戦を立てる姿が多く見られるようになりました。自分たちの順位やタイムはもちろんライバルチームの状況も即座に把握できるので、ランクアップを目指す選手たちにとっては“もう一人のチームメイト”として大活躍していました。「タイムは気にせず楽しもう!」というチームにとっても、みんなで見ながらワイワイ盛り上がれるツールとして大好評。チームによって使い方が色々ある“LAP CLIP”、みなさんもどんどん活用してください!

※速報データのため、順位やタイムは修正になる場合があります。