ラップタイムで賞金10万円を山分け! 今年の当選者は何名か…!?

ロトラップでドン!

1周毎のラップタイムが抽選番号になるという、スズカ8時間エンデューロの定番企画となったロトラップでドン! 下5桁が「07.888」秒になった当選者で賞金10万円を山分けするというお楽しみ企画です。大会前半、4時間エンデューロとアタック120が終了し、まずは中間発表! 表彰式を終えたばかりの熱気の中、MCキッコさんが結果発表を行うも…当選者なし! 賞金10万円の行方は8時間エンデューロとアタック240の参加者に委ねられます。

レース終盤、時折降り注ぐ小雨にも負けずラップタイムをチェックする熱い参加者たち…そして迎えた最終結果発表! その結果は…なんと1組の当選チームが! 賞金10万円は、8時間ロードに挑戦してくれた「チームSCC11」のみなさんで山分けとなりました。
表彰台では「実はレース途中で当選に気づいていました。賞金を独り占めできたらいいな…と、最後までドキドキでした! もちろん来年も狙っていきます!」とインタビューに答えてくれました。

雨にも負けず、疲れにも負けず 固唾をのんで抽選を見守る参加者たち

抽選会

スズカ8時間エンデューロのレース終了後のお楽しみといえば、豪華賞品が続々登場する抽選会。大会協賛各社が提供する自転車やフレーム、パーツのほか、鈴鹿サーキットのホテル宿泊券なども賞品として登場。高いものでは数十万円相当のものもあり、当選すればエントリー料や交通費の元が十分とれてしまうほどです。
今年は、20万円台半ばのカーボンフレーム仕様のロードバイク完成車や、30万円以上するカーボンフレームなど、いつもよりグレードの高い賞品が登場。そのためか、抽選会場の表彰ステージの数10m先まで抽選結果を待つ参加者が黒山の人だかりを作る大盛況でした。

MCが当選番号を読み上げるたびに、参加者は自分の抽選番号と照らし合わせて一喜一憂。自分の番号が読み上げられた当選者は、子どものようにはしゃぎながら名乗りを上げる人、驚きを隠せない様子の人など、喜びの表現の仕方もさまざまでした。


ホイールやバイクの試乗が大人気。マッサージ体験やメンテナンスも希望者殺到

バザール・試乗会

大会協賛各社がブースを出展するサイクルバザールは、新製品や話題の商品が出展され、消耗品や定番のアイテムが大会特別価格で販売されるなど、レースにも負けないほどの人気を誇るサブイベント。バイクの試乗や試乗用ホイールの貸し出し、ヘルメットやアイウェア、シューズ、アパレルの試着、サプリメントの試飲など、各社が企画する“お試し系企画”も充実しています。

今年は梅丹本舗が近日発売予定の新しいエナジージェルの試食を実施。試食した人からは「甘酸っぱくておいしい」「いつ発売になるの?」と好評でした。また、GOKISOブースでは、恒例のGOKISOホイールの貸し出しも実施。レースで使ってもよいとあって、試乗希望者が殺到しました。イナーメスポーツアロマでは100円お試しマッサージを実施し、朝から100人近い希望者が殺到。和光ケミカルでは、無料メンテナンスを予約制で実施し、あっという間に定員が埋まるほどの人気だったとか。

近年の傾向として、人気のお試し企画は早い段階で定員が埋まったり、待ち時間が発生することも。大会前にWEBでチェックするのがサイクルバザールを満喫するコツです。


大会公式オリジナルグッズ

春夏通じて初の試み。出場記念に購入する人も

今大会では、大会史上初の試みとして大会公式オリジナルグッズが販売されました。
ホストチームのマトリックス・パワータグのレプリカジャージのほか、大会公認ジャージ、オリジナルデザインのTシャツやトートバッグ、缶バッジなど、大会でしか手に入らないものばかり。初の試みということでそれほど数を用意していなかったというものの、購入希望者が次々と現れる人気ぶりでした。
Tシャツを購入したという女性サイクリストは、「Tシャツにチーム全員で寄せ書きをして、大会出場の記念にします!」と話してくれました。


骨格にあわせて、無料でフィッティングしてくれるサービス!

スポーツグラスフィッティング〈南船場スポーツグラスサロン 眼’z〉

選手たちの目をしっかりと守るスポーツグラスを、一人ひとりの骨格に合わせてぴったりフィッティングしてくれるコーナー。マラソンや野球選手など様々なアスリートたちにとって、スポーツグラスのフィッティングは常識になりつつあるといいます。フィッティングコーナーを担当してくれた“南船場スポーツグラスサロン 眼’z”の井上さんは「毎回楽しみにしてフィッティングに来てくれる方も増えてきました。家にあったスポーツグラスを5〜6個持って来られた方もいらっしゃいましたよ!」と嬉しそうに話してくれました。

「せっかくスポーツグラスを買ったんだから、フィッティングもしっかりするべき」と熱く語る井上さん、各地で開催される大会でもフィッティングコーナーを担当しているそうです。スポーツグラスを愛用しているみなさん、フィッティング未経験なら次回はぜひコーナーへ足を運んでみてください!

南船場スポーツサロン眼’zhttp://www.eglasses.co.jp/s_senba.html