大会のご案内


競技種目・解説

スズカ8時間エンデューロは、エンデューロをメイン種目に据えたあらゆるレベルのサイクリストが楽しめる大会です。昨年までは春と秋の年2回実施し、それぞれ一部異なる種目を開催していましたが、今年から春と秋の人気種目を集め、年1回の開催となります。
エンデューロでは、チーム種目のみとなった8時間エンデューロのほかに、かつての春spの人気種目だった「アタック240」を実施。ソロでたっぷり走れて、競技志向の人達にも満足していただけます。4時間エンデューロはこれまで通りソロクラスと車種別・メンバー構成別のクラスに細かく分けて行います。 4時間エンデューロでは、今年から女性のソロクラスが新設されます。また、アタック240MENと4時間エンデューロソロ部門では、上位3人を除く年代別トップの選手を表彰する年代別表彰も行い、表彰対象者が大幅に増えます。
また、スズカ8時間エンデューロの人気種目として忘れてはならないのが、10年以上の歴史を誇る2人組のチームタイムトライアル、トロッフェ・バラッキ。この種目ももちろん実施します。TTバイクやタイムトライアル用のワンピースやヘルメットなどの本格的な機材を投入するアスリートだけでなく、カップルや親子、女性だけのペアで参加される方も増えています。
レースとはいえ、楽しく走れる雰囲気とお祭りムードを重視する大会ゆえ、仮装で会場を盛り上げ、会場で特に目立っていたチームや個人にはパフォーマンス賞が贈られます。速く走る人も、会場を盛り上げることができる人も、その他大多数の楽しく走りたい人も、すべての人が主役になれる——スズカ8時間エンデューロとはそんな大会です。

アタック240

フルコースを40周! 個人でたっぷり走りたい人向けの種目

8時間エンデューロがチーム種目のみとなったことで、本大会ではかつての春spで長距離サイクリストの間で人気だったアタック240が実施されます。8時間の制限時間内にフルコースを40周(約232km)を走りきるというもので、スタミナに加えて長時間スピードを維持するフィジカルの高さはもちろん、補給や休憩のとり方などの戦略、集団走行でスタミナを温存しながら走る集団走行のスキルなど、長距離サイクリストとしてのあらゆる能力が求められます。例年完走率は5割以下ですが、完走できれば長距離サイクリストとしてのレベルの高さが示せること請け合い。さらに今大会からアタック240MENのみ上位3人を除く年代別トップの選手の表彰も行われ、表彰対象が大幅に増えます。あなたも挑戦してみませんか?

※アタック240完走者には完走記念品が贈られます。
※参加資格はすべて大会当日の学年を適用します。
※競技に使用する自転車はすべて車両規定に準ずるものとします。〈車両規定参照
※8:00スタート、制限時間8時間

種目 カテゴリ 参加資格 使用自転車 時間 距離 参加費 定員
1人
アタック240 MEN 中学生以上 男 車種制限なし 8時間 40周
(232.28km)
13,500 200人
WOMEN 中学生以上 女 13,500


8時間エンデューロ・4時間エンデューロ

たっぷり走りたいなら8時間、クラスが多く入賞のチャンスも多い4時間

スズカ8時間エンデューロのメイン種目ともいえるエンデューロ。例年通り8時間エンデューロと、4時間エンデューロの2種目が実施されますが、8時間エンデューロは今年からチーム種目のみになります。
4時間エンデューロは従来通りソロクラスも設けられ、チームで参加できるクラスにはママチャリや小径車などの車種別クラスも設けられるなど、クラス分けが8時間より細かくなっています。表彰は各クラスごとに行うため、入賞のチャンスが多いのも魅力です。さらに今大会から4時間ソロでは上位3人を除く年代別トップの選手の表彰も行います。
たっぷり走りたいから8時間、ほどほどでいいから4時間という競技時間の長さだけでなく、「ママチャリ同士、小径車同士で競いたいから4時間エンデューロを選ぶ」という選び方も可能です。

※参加資格はすべて大会当日の学年を適用します。
※競技に使用する自転車はすべて車両規定に準ずるものとします。〈車両規定参照
※8時間エンデューロ 8:00~16:00
 4時間エンデューロ 8:03~12:03

カテゴリー 参加条件・使用自転車 参加
資格
表彰
カテゴリー
参加費 定員
ソロ チ-ム 1人 2人 3人 4人 5人 6人
8時間エンデューロ
8時間 ロード ロード他 ※1 小学生以上
男女
- - 25,000 36,000 46,000 55,000 63,000 800組
8時間 ロード以外 ロード以外 ※2 - - 25,000 36,000 46,000 55,000 63,000
8時間 男女混合 女性1名以上含。車種制限なし - - 25,000 36,000 46,000 55,000 63,000
4時間エンデューロ
4時間 ロード ロード他※1 小学生以上
男女
9,500 18,000 25,500 32,000 37,500 - ソロ
450名

チーム
550組
4時間 WOMEN 車種制限なし - 9,500 - - - - -
4時間 フラットバー MTB、クロスバイクなどフラットバー付 ※3 9,500 18,000 25,500 32,000 37,500 -
4時間 男女混合 女性1名以上含。車種制限なし - - 18,000 25,500 32,000 37,500 -
4時間 ミニ・リカンベント ミニサイクル、リカンベント 9,500 18,000 25,500 32,000 37,500 -
4時間 ママチャリ 前かご付ママチャリ 9,500 18,000 25,500 32,000 37,500 -
4時間 ファミリー 車種制限なし
成人女性、中学生以下、各1名含
- - - 19,500 24,000 - -

※1 ロード他:ロードが1台でも含まれている場合はこのクラスに参加。
※2 ロード以外:ロード以外の自転車。クロスバイク、MTB、ミニ、ママチャリなど。ドロップハンドルは禁止。
※3 フラットバー:ハンドルにエンドバーの取り付け可(フラットバークラスのみ)


トロッフェ・バラッキ

スズカ名物、2人1組でフルコース10周に挑むタイムトライアル

2人1組でフルコース10周を走るチームTT、トロッフェ・バラッキ。TTバイクやディスクホイールなどの機材を使えるとあって、タイムトライアル愛好者からの圧倒的な支持を受けながら10年以上続くスズカの名物種目です。
バイクも装備もTT仕様のプロ顔負けの本格機材を投入するチームも少なくなりませんが、ロードバイクでも参加できるとあって、男女ペアや女性だけのペア、仮装して走るペアなど、楽しみながら完走を目指すチームも少なくありません。エンデューロとは違い、チームメイトと同時にコースを走れ、先頭交代しながら協力してゴールを目指せるのも魅力です。

※参加資格はすべて大会当日の学年を適用します。
※競技に使用する自転車はすべて車両規定に準ずるものとします。〈車両規定参照
※13:30~16:00

種目 使用自転車 周回 距離 開始 トップ 最終 人数 参加資格 表彰カテゴリー 参加費 定員
チーム
トロッフェ・バラッキ ロード 10周 58.1km 13:30 15:00 16:00 2名 中学生以上
男女
11,000 100チーム