スズカ8hエンデューロ春sp大会のアタック240にチャレンジ。過去の大会を経験した人は、鈴鹿サーキットコース40周回約233kmを完走するためにすべきことが見えてきたのではないでしょうか。そんな人もそうでない人もプロサイクリングチーム・マトリックスパワータグ プレイングコーチ向川尚樹の熱血「アタック240完走塾」で完走の達成感に浸ろう!


スズカ8時間エンデューロに参加されるサイクリストの皆様!レースを安全・快適に楽しむために、そしてかけがえのない達成感を味わうために、サーキットを走るコツ、集団走行の注意点、さらに気象条件に対する備えなど様々な視点からプロサイクリングチーム・マトリックスパワータグのプレイングコーチ、向川尚樹がアドバイスいたします。

※ここに掲載しました記事は過去の大会レポートに収録された内容をまとめたものです。一部重複する内容もございますがご了承ください  
    集団走行における選手のマナーついて
知っておいて欲しい大切なこと
 
暑さ対策は怠りなくレースに臨めましたか?
最大の敵は発汗による脱水症状。
  雨天の走行は、いかにドライコンディションの
走りに近づけるかがポイント
 
五月晴れの鈴鹿サーキットで繰り広げられた
第5回スズカ8時間エンデューロ春sp
  ロードレースの醍醐味
集団走行について
 
レースで消費するエネルギー量を把握して
レースに必要なエネルギー補給を
  滑りやすい雨天時のスリップ防止ポイント
〈減速方法・タイヤの性能・空気圧〉
 
走行中の目線の大切さを怠ったために転倒
実例に見る危険回避のツボ〈2〉
  悪天候下の長時間レースで心がけること
〈体力の消耗を防ぐためのウェア選び〉
 
サーキットコース特有の〈タイヤがグリップ
しにくい滑りやすいコーナー〉を知る
  路面がウエットコンディション時はタイヤの
選定・チェックが重要な決め手になる
集団走行3原則〈しっかり前を見る・走行ライン
キープ・周りとの協調性〉をマスターする
  集団走行やコーナリングなどの事故防止
実例に見る危険回避のツボ 〈1〉


2007年 全日本実業団トラック 4km団体追い抜き 優勝
2008年 全日本実業団トラック 4km団体追い抜き 優勝
2009年 全日本実業団選手権ロード 個人総合 団体3位
2010年 ツールド熊野(UCI2-2)
ツールドおきなわ(UCI2-2)第1ステージ
シマノ鈴鹿国際ロード
6位
6位
3位
2012年 マトリックスパワータグ プレイングコーチに就任
全日本トラック選手権 ポイントレース
JBCF西日本ロードクラシック

2位
5位